George Harrison」カテゴリーアーカイブ

George Harrison – Apple Scruffs

All Things Must Pass C面2曲目。

Wikipediaに拠れば、Apple Scruffsとはビートルズの出待ちとか追っかけをやっていたコアなファンのこと。彼女らに捧げたファンサービスの曲らしいです。

それはそうとして、アルバム中一番の異色作。生ギターにハーモニカのみというボブ・ディラン スタイルで演奏されています。

続きを読む

George Harrison – Beware of Darkness

All Things Must Passも後半に入りました、が、実質2枚組は長いですね。

C面トップはBeware of Darkness。暗闇に気をつけろ、という曲。

何に注意しろというのか、例によってよくわからない歌詞ですが、歌詞に登場するBeware of MAYAのMAYAはインド、ヒンドゥー教における魔族の総称のこと。さらにその後にWeeping Altas Cedarsという言葉を調べてみると、マツ科の樹木であることが分かります。画像を見てみると、おどろおどろしい雰囲気がわかると思います。

続きを読む

George Harrison – Run of the Mill

All Things Must Pass B面最後の曲。

レコード1の最後にひっそりと入っている短い曲です。

タイトルの意味がよく分かっていなかったのですが、調べてみると、「平凡な、月並みな」という慣用句。語源は工場の大量生産品みたいな意味だそうです。

続きを読む

George Harrison – What Is Life

1曲飛ばしてB面に突入。シングルカットもされた曲。邦題「美しき人生」。

Isn’t It a PityはVersion Twoとしてやる予定。

What Is Lifeはアルバムから2曲目のシングルカットですが、マイ・スウィート・ロードほどにはヒットしませんでした。こっちのほうがポップなんですけどね。

続きを読む