A.O.R.(Adult Contemporary)」カテゴリーアーカイブ

Boz Scaggs – We’re All Alone

Boz Scaggs、3回目はSilk Degrees収録のバラード。邦題「二人だけ」

ギターはなく、この後TOTOを結成するデヴィッド・ペイチ、ジェフ・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイト3人の演奏にオケがついているものです。

僕がやると全打ち込みになるので少し躊躇しましたが、素通りするのも何なのでやってみました。

続きを読む

Boz Scaggs – Hard Times

Boz Scaggs、2回目は1977年のアルバム、Down Two Then Leftより。

演奏データを見ると、ドラムがジェフ・ポーカロ、キーボードは後にWe Are The Worldをクインシー・ジョーンズと共にプロデュースするマイケル・オマーティアン、そしてギターが3人、レイ・パーカー・Jrとジェイ・グレイドンとボズ自身

続きを読む

Boz Scaggs – Lowdown

今回からBoz Scaggsを何曲か取り上げます。

プログレが下火になってしまった後に聴いていたのがフュージョンでしたが、その頃はやっていた音楽としてアダルト・コンテンポラリー(日本ではアダルト・オリエンテッド・ロック=A.O.R.と言ってました)というのがありました。2月にやっていたHall and Oatesもそうでしたが、ボズ・スキャッグスもその類。

どちらかというと、フュージョンのほうがメインだったのでこっちは常識程度でしたけど。

続きを読む

TOTO -Africa

TOTOのNo.1ヒット曲、Africaです。

TOTOの締めくくりにもう1曲ということで。

TOTO IVの最後にそっと収録されていて、最初はシングルヒット狙っていなかったんじゃないかなぁと思います。TOTOの中でも異色な曲なのでは、と思いますが、結果的には一番のヒット曲になっています。

続きを読む

TOTO – Pamela

TOTO、1988年のアルバムThe Seventh Oneのオープニング曲です。

僕が取り上げる作品としては、比較的新しめの曲になります。と言っても88年だから30年近く前なんですけど。

ボーカルが3代目のジョセフ・ウィリアムスです。その当時、とっても若造臭がプンプンしていて、他のメンバーより浮いている感じがしないでもなかったんですが、スティーブ・ルカサーと3歳しか違わないんですね。そんなものか。
続きを読む