Steve Hackett – Shadow of the Hierophant

Voyage of the Acolyteの最終曲。Hierophantはタロットカードの教皇です。

アルバム最終曲は11分以上の長尺ですが、歌が3番まであるし、エンディングが延々同じフレーズを繰り返すので、コピーの手間は普通の曲とそんなに変わりませんな。

ボーカルはマイク・オールドフィールドのお姉さん、サリーさんです。
僕のコピー、普通はボーカルパートを入れないのですが、この曲、やはりメロディがないと寂しいのでバイオリンの音を充てています。

歌3番まで、構成はほぼ同じですが、フルートなどバッキングに多少の変化があります。

エレキギターは前奏・間奏にちょっと入るだけですが、あのむぉーっとゆっくりした音はチョーキングの音程コントロールが難しいです。

全体は静かですが、ビブラフォンとハープが地味に良い感じです。

歌の後、後半へのつなぎはお得意ライトハンド奏法です。
ライブ映像で指の動きは見えるので、どうやって弾いているかは分かるのですが、弾いていない弦のノイズを出さないようにするのができませんでした。

その後短いギターハモリがあって長いエンディングです。

すべての音がいったん止み、ベルからまた次第に増えていきます。
ベルと交代するように、ギター、ベース、ドラム、ストリングスが入ってきます。

ちょっと横道にそれますが・・・
ここから4分ほどを掛けてゼロからMAXまで、次第に全体の音量が上がっていきます。
最初のベルの音は3小節ほどギターとクロスフェードして消えるのですが、このベルの音があるので、「全部の音量」の制御ではダメなんです。

で、どうするかというと、グループトラックというものを作り、ベル以外の音をすべてそこにほおり込みます。徐々に音量の上がる4分間は、このグループトラックの音量をコントロールしています。

エンディングループ、次にオクターブ下のギターが入ります。その次にコーラスの音、歪んだギターのコードをかき鳴らす音、チューブラベル、そして最後に唸る高音ギターが加わって最高潮に。

以上、スティーブ・ハケットの最初のソロアルバム「Voyage of the Acolyte」でした。ハケットさん、その後もソロアルバムを発表し続けますが、僕としてはこの最初のアルバムが一番好きです。

最近になってジェネシスの曲をほぼ原曲どおりのアレンジで再演していますが、考えてみれば30年以上経っているわけで、ジェネシス本体の3人は活動をしていないので、自分が頑張らないと、という事でしょうか。

というわけで僕の方は、次回までまた少しお時間を頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です