The Beatles – Sexy Sadie

ホワイトアルバムC面5曲目

今でこそセクシーなんていう言葉は普通になっちゃいましたが、思春期前のガキのとって、Sexyという単語はとても刺激的に感じたものです。なんかとても後ろめたいものを聴いているような・・・

G-F#-Fと音楽理論を無視したような不思議なコード進行が醸し出す脱力感、きっとアブナイことを歌っているんだろうなぁとか勝手に想像していましたが、いろんな解説を読んでいると実際は全然セクシーな歌じゃなかったようです。

レコーディングメモ

なんといってもピアノです。
短いエコーがかかっているのが特徴です。このエコー音付きででオープニングのトレモロ風に弾くと、なんともカッコ良い。
同様に真ん中あたりの部分(小節No.32)でかん高い音をトレモロする部分があります。いやー、良いですね。

タンバリン、なぜか出てくるのは最初だけ。それとも聴こえないだけで、ずっと入っているのかな?

コーラスワークは典型的なビートルズのそれですが、G-F#-Fって下がる所を強調するように歌ってます。

ソロとかメンバーが誰か欠けているとか、変則的な編成が多いホワイトアルバムですが、この曲はがっちりバンドでやっているという印象です。
音楽的にはシングルカットしても良かったんじゃないかと思われる完成度ですが、背景と言い、歌詞の内容と言い色々いわくつきのようだし、無理だったのかなぁ。

シングルはやはりHey Judeかぁ。

——
本日のタイトルとは全く関係ありませんが、イエスのクリス・スクワイアが白血病で亡くなったというニュースが飛び込んで来ました。むむむ、なんということだ。一番長く生きそうな顔してたのに。

昨年秋の来日公演で見たのが最後になっちゃったなぁ。

あの大きなリッケンバッカー・ベースの端を軽々とつまんで持ち上げ、拍手に応える姿が印象的でした。

ご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です