Paul McCartney and Wings – Let Me Roll It

今期Paul McCartney 4曲目。Band on the Run A面5曲目。

昔懐かしジュージュー言ってるオルガンのスローなロックンロール。

曲全体を流れるギターリフも、粗野な感じです。それに2つのコードにわたってずっと同じフレーズ。そういや、ビートルズのYer Bluesのリフもそんな感じでしたね。

このリフ、ギター1本の2弦弾きでやっているのか2テイクでハモっているのか不明です。ライブを考えると1本かなぁとも思いますが、僕は2回に分けて弾きました。

当初チョーキングを使っているのかなとも思ったのですが、低フレットでもハンマリングでしょうね。

この曲、イントロも含め、サビ14小節、Aメロ14小節の繰り返しです。途中歌がない部分がありますが、演奏は同じパターンです。非常に単純。

ですが、Aメロ14小節の前半6小節は(あるいはサビの最後のブレイク1小節を含めた7小節は)ギターリフを聴かせる部分。そして、歌は後半8小節という構成がなんかすごい作りだと思います。

2小節だけ、ベースが聴こえない部分があります。なんだろ、意図的とは思えないので演奏かミキシングのミスかも知れません。

前の曲でもそうですが、なんか演奏が野暮ったいというか、ワザとダサくやってるような感じがします。オルガンの音色もしかり。ダサカッコいいっていうのかな。

たぶん、そういう所がこのアルバムの魅力なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です