松任谷由実 – Autumn Park

今期ユーミン10曲目。1986年のアルバム、ALARM à la mode より。

昨年ユーミンを録音した際、候補だったのですが見送った曲です。

特になにか特徴がある訳でもないのですが、なんとなく印象に残った曲。
考えてみると、こういうのが一番ユーミンらしい曲なのではないかな。
理由を上手く説明できないけど、典型的なユーミンサウンド。

サウンドの中心はエレピなのですが、ストリング系の音色で包まれています。ひょっとすると、エレピ&ストリングスの2レイヤーの音源を使っているのかも知れません。

これに小さく小刻みに絡んでいる高音のアルペジオがとても美しいです。

なお、聴き分けが難しいですが、エレピ連動のやつ以外にもストリングスの音があり、後半で盛り上げます。主にオクターブで入ってる音ですね。

ギターはこの時期によく使っていたブリッジミュートのリフ。ここの所、このミュート系のギター、打ち込みでやっつけちゃうことが多かったですが、スライドしてる所があったり、音域が少し低めということもあり、手持ちの音源では雰囲気がでなかったのでギターで弾いてます(横着してはいけませんね)。

2 thoughts on “松任谷由実 – Autumn Park

  1. hiro taka

    大好きな曲で、名曲「ANNIVESARY」の原型といわれてますね。
    イントロの2小節だけ、どうしても気になるんです。他は完璧だと思う。
    G・Am/G|Gmaj7・C/G|だと思うんですが、どうでしょう?

    返信
    1. 柊しじま 投稿作成者

      Gの持続音が足りない部分があったんですね、ご指摘ありがとうございました。音を差し替えて再投稿しました。映像は以前のままです。m(__)m

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です