松任谷由実 – サンドキャッスル

今期ユーミン3曲目。1991年のアルバム、DAWN PURPLEより

最初「9月の蝉しぐれ」を予定していて、半分ほど作ったのですが、残暑とイメージが被るのに気づき、こっちに変更しました。(そのうちほとぼりが冷めたら?完成させるかも)

オリジナル、基本的な楽器はあるものの、例によって、キーボード系の音色は多彩です。エレピ(FMピアノっぽい?)、オルガン、ストリングス系、ベル、ポリシンセ、他にハープ、サックスソロ。

ストリングスはオクターブで緩やかに弾いてるし、ポリシンセもフレーズの合いの手で同じことをやってます。個々のキーボードに難解な所はないので、なんというか、音色の多彩さでアレンジが成立している感じですね。

構成として、
イントロ – Aメロ – Bメロ – Aメロ – Bメロ – Cメロ – サビ
なんですが、サビはほぼBメロと同じコード進行になっているという作り。両方ともにポリシンセの合いの手が使われています。

リズムは曲を通じてあまり変化はなく、ベースも同じようなパターンで通してます。

この曲のユーミンはコーラスが分厚い。しかもハモリが単純じゃありません。相当しっかりしてないとハモれないかも知れません。省いてよいものか少し悩みましたが抜きました。この他に「ウー」というバッキングコーラスもあります。こっちは残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です