Stevie Wonder – Knocks Me Off My Feet

Songs In the Key of Life B面2曲目。

ピアノソロで始まる曲。ロマンティックなバラード。

演奏はリズム隊+ピアノ+エレピだけのミニマムな構成です。

コピーするまでは、途中が複雑なリズムになってるなという印象でしたが、変拍子とかではなく、ずっと4/4拍子です。

ただ、仕掛けは分かっていても、ここ歌えと言われたら、リズムをちゃんとカウントできる自信がありません。なんかモヤモヤする。

コードワークとしてはサビの2小節目(No.33)がとっても不思議です。

C – D♭ on E , Eaug

ベースがEでD♭弾いてるの? どういうこと?
D♭をテンションと考えると、Eに対して♭9thと13thではあるのですが。
うーむよくわからんなぁ。

コードとして捉えるというよりは、ベース+αな流れなのかな。

曲全体として、ベースがもう1つのメロディであるかのように歌ってますからねぇ。

終盤のリフではお約束で半音上がるんですが、その切り替えで思いっきり派手な黒鍵のグリッサンドが入ります。

スティービーの曲は黒鍵を多めに使うキーを使っていることが多いのですが、この曲は珍しくキーCで始まり、グリッサンドをきっかけにC#に上がります。

たぶんここを意識して、曲のキーを決めたんだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です