Caravan – The Dabsong Conshirtoe

キャラバン1975年のアルバムCunning Stunts(ロッキンコンチェルト)から、B面のほとんどを占める組曲、The Dabsong Conshirtoeです。

僕がキャラバンはカンタベリーミュージックだ、と知ったのはずっと後のことで、当時は普通のイギリスのバンドという認識でいました。

まぁ正直にいうと、友達からこのアルバムを借りて聴いていただけです。なので、コアなファンからすれば、ピークを過ぎた時期のアルバムなのかも知れないのですが、僕は結構好きです。
2011年秋、NHK-FMで今日は一日プログレ三昧という番組をやった時、ゲストでデイブ・シンクレアがミニライブをやったのですが、その時The Mad Dabsongを演ってくれて、おぉ、この人なんだな、と改めて認識したのです。
(アレンジされて、Man is the Childという題名になっているようです。歌詞の冒頭から取ったものでしょうね。)

で、この曲がアルバムの邦題となっているロッキン・コンチェルトです。原曲名と全然違うのですが、聴けばなるほどと思います。本物の弦や管楽器を使っているのですね。
6曲構成ですが、前半3曲が歌入り、後半3曲がインストです。

・The Mad Dabsong
アコースティックギターとシンセのきれいなメロディで始まります。最初から弦も効果的に入ってます。ギター、シンセ、ピアノで進みますが、ギロとかもつかっちゃってます。

・Ben Karratt Rides Again
前の曲からそのまま続きますが、ワウワウをかけたギターが特徴です。ワウワウは最後の曲でも出てきますが、ここは1小節で1回踏み込むゆっくりパターン。
途中にヴィオラとシンセがアンサンブルを聴かせます。バックの弦がトレモロしてるのが良い感じ出してます。
最後に前の曲に戻ります。その対比が鮮やか。

・Pro’s and Con’s
ギターとクラビの速いリフとなり、曲調は一転ハードに。バックにホーンセクションが入ります。
はい、出てきました。カンタベリーの象徴、スクリーミングなオルガンです。この音を聴くだけで顔がニヤけてしまいますね。
さて、この曲も途中ヴィオラのソロがありますが、バックに低い音のストリングセクションが付いていて唸っています。オーケストラも結構ノリノリです。
・Wraiks and Ladders
次の曲へのつなぎですが、チャーチオルガンにシンセが乗って大いに盛り上げます。フルートも登場。

・Sneaking out the Bare Quare
曲調はジャズ風になります。各楽器がソロをつなぐ作品。
フルート&シンセのテーマ、エレピ、ギター、シンセと続き、ヴィオラとシンセの掛け合い。そしてまたテーマ。
テーマ後半のサビはギターがちょっとかっこいい。

・All Sorts of Unmentionable Things
1拍1踏みのワウワウをかけたギターが延々同じリフを繰り返す曲。弦も頑張ります。キャラバンの演奏はここにいろんな不協和音というか、ノイズが入っていて、最後にアルバム1曲目「The Show of Our Lives」に飲み込まれて終わりますが、間が持たないので端折りました。
タイトルはなんでしょうね。「名状し難い、いろんなもの」ですか。

2 thoughts on “Caravan – The Dabsong Conshirtoe

  1. レーリオカミッレーリ

    こんにちは。
    私はボローニャ音楽院の教授で、
    レーリオカミッレーリと申します。
    キャラバンの曲を分析する本を書いていて、
    その中にはThe Dabsong Conshirtoeも分析しています。
    よろしければ、和音を教えていただけますか。
    もちろん、
    あとがきに柊しじまさんに感謝を申し上げ、
    もしよかったら本の一冊も贈呈させていただきます。
    私のメールアドレスはlelio.camilleri@consbo.itです。
    よろしくお願いいたします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です