松任谷由実 – リフレインが叫んでる

今期ユーミン7曲目、1988年のアルバム Delight Slight Light KISS より。

僕の認識として、ユーミンのトップヒット10曲(好きな曲という意味ではありません)に入っているのでは、と思っていましたが、データを見るとシングル発売もされていないということです。

何で代表曲と思っていたんだろう? 不明です。

でもまぁギターサウンドなのでやってみた訳です。ザクザクとリズムを刻むバッキングギターがピアノとシンクロしています。とてもタイトな作り。リードギターは長いソロはないですが、短い間奏に命を懸けてる感じです。

コード進行的には簡単なんですが、ストンリングとコンピング系の音が動いてるので、アレンジとして色付けを感じるところです。

クレジットには、ドラムがシンクラヴィア D.A.S.(Digital Audio System)だと書いてあります。打ち込みなんですね。出ている音はゲートリバーブされているスネアの音です。

ちょっとうまく行かなかったのは最後のサビ前の効果音。シューっと来てドンと鳴るんだけど、僕のドンは野暮ったいなぁ。


今年の宅録はこれで最後かなと思います。今期のユーミンは1980年代と言っていたけど、一応アルバムとしてはここまでにします。一応「昭和」末までですね。

これまでアルバム7枚で1曲ずつだったので、2曲目を若干選んで、もう少しだけユーミン続けます。

2 thoughts on “松任谷由実 – リフレインが叫んでる

  1. 宮脇寛貴

    ユーミンのこの時期以降のアルバムは、180万枚~250万枚売れていて、この曲は有線放送で長期間1位だったので、代表曲で合ってます。
    100万枚以上売れたアルバムは、「Delight~」以前では、井上陽水「氷の世界」だけだったし、アルバムアーティストとしてシングルに力を入れなかったので、シングル1位は、1975年の荒井由実「あの日にかえりたい」から、1993年「真夏の夜の夢」までないです。「守ってあげたい」でも2位どまりじゃなかったかと。

    「最後のサビ前の効果音。シューっと来てドンと鳴るんだけど」
    いえいえ、上手くいってる方だと思います。なぜか、シューっと来て事故ったような衝突音とか破裂音になってるカラオケが多いですから。
    サンプリングの加工音が多くなって、なかなか再現しづらいです、この頃の音は。

    返信
    1. 柊しじま 投稿作成者

      やっぱり代表曲と呼んでもよいのですね。
      記憶に残っているのは清水ミチコさんのせいなのかなと思ってしまいました(笑)。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です