Boz Scaggs – Isn’t It Time

Boz Scaggs、今回で最終のつもり、Middle Manより。

前回で終わりと思ったのですが、リクエストがあったので1曲追加しました。

Middle Manはデビッド・フォスターとの共作が多いのですが、この曲はボズ単独の曲。

結構時間がかかってしまいました。お盆でちょっとサボっていたこともあるけど、楽器構成がごちゃごちゃしていたというのが大きいかも。

キーボード類が生ピアノ、エレピ、ストリングス、コンピング類に関して、キラッとした音もあるのでFMPianoも入れてみたり、そこはあまり正確でないかも知れません。

ギターソロはスティーブ・ルカサー。サンタナとはまた味わいが違いますね。こっちがA.O.R.の本命でしょうか。

Bメロ/サビのパートが何回も出てきますが、半音上がってからのヤツが他とはコード進行が1か所違います(小節No.111)。

Hollywoodと同様、バッキングボーカルがしっかり入っていて、そこにボズが自由に歌を乗せていたりします。ボーカロイド化するのにまた時間がかかってしまったり。

Hollywoodの時に、トラックダウンでタイミングがずれると書いたのですが、今回は正常でした。何か使い方間違っていたのか? テンポの同期のボタンは有効にしたはずだけど、う~ん。

ということで、ボズ・スキャッグスは今回でオシマイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です