Boz Scaggs – Hollywood

Boz Scaggs、6回目はDown Two Then Leftより。

短いけどパンチの効いた曲です。
前回のはシャッフルだったけど今回のも少しハネてます。

特徴はビブラフォン、かな。

実はHard Timesやった時に、CDのクレジットにはクラベス:ヴィクター・フェルドマンと書いてあって、ん、なんだこれと思っていたのですが、今回の曲で活躍しています。

そもそもマイルス・デイビスと演っていたピアニストですが、僕は全盛期の頃の活躍はよく知りません。そういえば、スティーリー・ダンのアルバムにも参加していたような・・・・

あとはこの時代らしいオケも入っていて、ギターも2人。バックボーカル3人。結構力入ってますね。

レイ・パーカーJr.のギターは相変わらず小気味いいリズムのリフを弾いていますが、ジェイ・グレイドンと思われるもう1台のほうが実に効果的な使われ方をしています。

バックボーカルがかなり活躍しています。というか、バックの方がしっかりメロディを押さえて、その上でボズが自由奔放に歌ってるという印象ですね。

こういうのはボーカロイド向きだろうと思い、使ってみました。

ちょっと曲自体とは無関係な話なんだけど、今回ボーカロイド5が5.2から5.3にバージョンアップして何やら細かく変わっているのですが、僕にとって不具合が・・・

普通に再生している時は問題ないのですが、トラックダウンの時だけ再生タイミングが0.5秒ほど早めにずれるんです。僕のメイン音源が外部キーボードってのが何か関係あるのかなぁ。

Cubase、MODX、VOCALOID5と全部ヤマハファミリーで固めてるんですが、何でずれる??

当座しのぎでボカロ部分だけ別にトラックダウンしてオーディオファイルを隠しトラックに張り付けてミキシングしています。

お盆が明けたら問い合わせしてみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です