America – Riverside

America 5曲目は、デビューアルバム1曲目。

彼らのデビュー曲と言ってもいいのだろうか?

アルバムのオープニングは、やはりキャッチーなサウンドを意識するだろうなぁという作り。勢いの良い2台のアコギのストローク、軽やかなリズムに9thの音の乗った3rdギターが絡みます。

ベースはあるけど、ドラムではなくコンガ。

歌より先にアコギのアンサンブルが続きます。リードギター入りで少し演奏した後にちょっとだけ凝ったコードを垣間見せ、単純な2コードだけじゃないんだよとでも言いたげ。

歌が入るのは実に開始1分後。少なくともシングル向きじゃぁないですね。歌も、ソロボーカルではなく、最初からハモってます。

彼らの持ついろんな要素を短時間にギュッと盛り込んだ曲。かなり気負った作りで、その姿勢にシカゴのデビューアルバムのIntroductionを思い出してしまう。

CS&Nが1969年、CSN&YのDeja Vuが1970年ということで、Americaはその少し後。フォークという括りで弟分みたいに言われることがあったけど、だいぶ違います。

CSNYはそれぞれがソロアーティストとして確立していた4人のプロジェクトだけど、Americaはイギリスのアメリカンスクールの仲間で最初からグループ。まとまりがよいです。

コーラスワークはCSNYは結構複雑怪奇なんですが、Americaは分かりやすい単純な3度ハモリが多いです。高度なことをやってるのはCSNYの方なのでしょうけどね。

PPMとかボブディランとか、昔はフォークのアーティストがヒットチャートに入っていましたね。日本の洋楽もそういう人たちのコピーから始まり、四畳半フォーク、ニューミュージック、J-POPとつながっていくわけだけど、アメリカの最近のヒットチャートって全くフォークって見当たりませんね。どこに行ったのだろう。

まぁそれ言っちゃったらロックもほとんどないんだけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です