Tower of Power – I Won’t Leave Unless You Want Me To

1975年のUrban Renewalより。しっとりとしたバラード

多くの楽器によるアンサンブルなので、ミキシングに時間を要しました。
いつもの管以外にストリングスが入ってますし、キーボードもピアノだけでなく、オルガンも入っています。

普通ストリングスとかあるならオルガンを省きそうなものですが、ちゃんと存在感を出しています。彼らにとってみればオルガンがデフォでピアノやストリングスがエクストラなのかもしれませんね。

そして、分厚いバックコーラス。この曲、リードボーカルより目立ってます。ずっと入ってますし。これだけあるとボーカロイドだとウザいかなと思い、最初従来の「アーアー」だけにしていたんですが、やはり言葉を乗せた方が雰囲気がでるのではと思い、試しに入れてみたところ、なかなかマッチしてくれました。

ボカロPからはあまり評判のよくないボーカロイド5ですが、僕は結構気に入っています。要するにボーカロイドにメインを張らせようとするからイカンのではないかと思いますね。バックボーカルならばきちんと歌ってくれますよ。

まぁそれでも思い通りのフレージングをしてくれなかったり、鼻息が荒かったりする時があるので、「そんなに力むな」と思いながらところどころ修正してますが。

こういう淡々と歌うバックコーラスってボーカロイドは合っているのかもしれません。それに、サビのコード感、バックボーカルありきな響きになっていますし。

(でも編集画面の使い勝手は最悪です。スタンドアロンのエディタを無理やりVSTにしているのでDAWとの操作感の相性がとても悪いのです。なんとかしてほしい。)

プログレと違って、曲の良さだけでなく演奏の味で聴かせる曲なので、打ち込みに情感をどう込めるか、なかなか難しい所があります。通常、人間が弾いているギターに引っ張られて、サウンド全体が人間臭く聴こえるわけですが、ギターの比重はそんなに大きくないのでその他にも気を配る所が多いですね。

今回はトランペットの音色をイントロとその他で変えたり、オルガンスピーカーのFast/Slow切り替え、ストリングスの音量。終盤のサックスソロ

途中2か所ほどキラキラする音が聴こえます。最初ピアノで5度ハモリで高速フレーズを入れてるのかなと思いましたが、ちがいますね。オルガンのパーカッシブ音のみを使っているのではないかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です