Tower of Power – Soul with a Capital “S”

約3週間ぶりの宅録になります。
まだまだTower of Power続きます。

今回の曲は比較的新しめの曲、といっても25年前のリリースですが・・・

なんて訳したらよいでしょう。
Capitalは首都って意味もあるけど、頭文字の事でしょうね。
ド~はドーナツのドのに似た雰囲気。

「ソはソウルのソ」ってなノリでしょうね。

ライブのオープニングにでも名刺代わりにご挨拶、ってやったら受けそうな曲です。

彼らはソウルと言っていますが、僕らの捉え方とすればファンクですね。それの典型をやってる感じで、5分間ずーっと同じノリが続きます。

Aメロ12小節+Bメロ5小節+サビリフレイン11小節で一巡ですが、Bメロ以外はずっとワンコードです。ギターも同じフォームで2フレ上下するパターンを延々弾きつづけます。もはやスポーツです。

それでも成立してしまうのは、ホーンセクションと合いの手のコーラスが実に巧みに配置されているから。

う~ん、これはファンクの教科書みたいだ。

あと、前面にはでないけど、オルガンの妙技は光ってます。ほとんど単音でペンタのスケール内でリズムを刻んでいるだけですが、やはりこれが無いとバンドサウンドにならないでしょうね。

唯一のアクセントと言っていいのが、イントロと中間部のキメ。たたみかける6/16拍のキメフレーズですが、最後の間を調整してきっちり2小節に収めています。まぁこの後のギターカッティングを整然と始めるのはとても大変なんですが・・・

最後のほうに、1973年のアルバム「Back to Oakland」のテーマソングともいえるOakland Strokeのフレーズがちょっとだけ登場します。セルフオマージュともいうべき心憎い演出です。

これで思わずうなってしまった人が結構いるんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です