Tower of Power – Can’t You See(You Doin’ Me Wrong)

1974年のアルバム、Back to Oaklandより

ここのところ、立て込んでいたたせいで、短い曲なのに5日ぶりになってしまいました。さて、今回は僕が以前から聴いていたアルバムの曲です。これまで勢いのある曲、バラードと来たので、今回は中くらいのやつを選んでみました。

ブラスのヒアリングにも大分慣れましたが、オルガンのクセを把握するのが結構大変。今回はクラヴィネットも使ってますし、ギターはリードも弾いてないのに苦労してます。切れよく弾くのと、カッティングのアクセントを決まったところでしっかりつけるのは大変ですわ。これまで自分が如何に漫然とカッティングしていたのか思い知らされます。

ミディアムテンポなんですが、多くの小節で1/16食って入るのが特徴です。

といっても全部じゃないのが曲者。

というか、Aメロは食ってませんね。サビで2小節目以外食ってます。逆に2小節目を食わないで弾くのに注意しないといけません。

Cメロも食ってるのとそうでないところがあります。こりゃ神経使うなぁ。

カッティングは、音を鳴らさない部分でも右手を常に16ビートで上下させています。裏打ちや食う部分など偶数ビートでアップで弾くためです。この曲はそういう練習にうってつけだと思いました(笑)。

先ほども書きましたが、オルガンとクラヴィの使い分けが絶妙なんです。オルガンがちょっと途切れたと思うと、クラヴィがソコを埋めるかのように、合いの手のように入ってくる。

オルガンも両手使ったコードのベタ弾きじゃないんですね。2音かせいぜい3音どまりでリズムを立てるように使ってます。大人数のバンドだし、ブラスの音とケンカしないようにしてるんですね。

ドラムもベースもキレッキレだし、こりゃ乗れるよねぇ。

ところで、この曲、バックコーラスもたくさん入ってます。バックコーラス、ホーンセクションの連中が吹いていない箇所で歌ってたりしてますが、この曲はバッチリ重なってますねぇ。だれが歌ってるんだろ。

と思って、YouTubeのライブ映像で確認したら、ギターとキーボードで歌ってました。あんな激しい演奏しながらよく歌えるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です