Tower of Power – So Very Hard To Go

バンド名を冠した1973年の3rdアルバムより。邦題「辛い別れ」

前回の曲調とは打って変わって、それこそソウルという感じのするバラードです。全く奇をてらったところがない曲で、僕が手掛けた曲としては逆に珍しいのかも知れません。

が、こういう曲をサラっとできるのが、本当に上手いということなのではないかと思います。そういう意味ではまだまだ修行が足りないな。

ブラスセクションをメインとしたバンドという事実を知らずに聴いたら、たぶんソロのソウル歌手の録音かな、と普通に聞き流してしまうでしょうね。

というのも、ブラスのみならずストリングスが入ってます。特にブラスが目立っているというわけではありませんね。強いて言えば間奏のソロがトランペットということかな。

今回の録音に関していえば、ちょっと目立ってるギターでしょうか。いかにもアメリカを感じる音使いです。聴きながら、フレージングをなぞってみたのですが、時々一緒に鳴ってるFの音、ん、これどうやって出してるの?

いやまぁ、こういったギターの典型的な鳴らし方で、隣の弦と一緒に上手くハモるように適宜押さえてるんだと思いましたが、ん、指が足りないかも、でも2テイクじゃないよなぁ。

変則チューニングなのかと疑いましたが、それで、指の運びが簡単になるような組み合わせはなさそう。

曲のキーはB♭。多分ブラスやサックスに合わせると♭系のキーが多くなるだろうな。ということで、やっと気が付いた。多分、1カポか半音高くチューニングしてるんですね。くだんのF音は1弦の開放の音です。それなら合点がいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です