大橋純子&美乃家セントラル・ステイション – FUNKY LITTLE QUEENIE

大橋純子1977年のアルバム「CRYSTAL CITY」より

美乃家と共にバンドサウンドを追求した前作「Rainbow」が1977年4月、11月にはもう「CRYSTAL CITY」を発表しています。ノリにノっていたのですね。

今回の曲は詞・作・編曲共に土屋昌巳さん。もうFunkやり放題という感じの曲です。エレピが頑張ってるなと思ったら、菊池ひみこさんだったのですね、なるほど。

シングルカットもされているのですが、1978年1月5日リリースのクリスタル・シティのB面での収録の他に、同1月25日にA面としてもリリースされています。ちなみに、そのB面は英語版Simple Love。リリース日がとても近いので、別バージョンかもしれません。

海外進出でも狙っていたのかな?

後年発売されたアルバムCD版にはボーナストラックで別バージョンが入っているので、きっとそのうちのどれかでしょう。

なんというか、ファンキーサウンドのお手本のような曲で、前にも書きましたが、今聴くと「時代」を感じて気恥ずかしい。

お洒落なエレピ、出て間もないストリングアンサンブル(シュワーって鳴るヤツ)、メロウなBメロのコード、ベースの1度下を弾くフュージョンのコード、スラップベース(というか、この頃はチョッパーですな)、キメ小節での「タラリッ」というヤツ、2オクターブにわたるブラスセクション、コーラスがかかったギターのカッティング、チャカポーって鳴らすやつ。

大橋純子さん+バックバンドではなく、完全にバンドの一部としてシャウトしてますね。

それと、特筆すべきなのは、歌ではない声=DJが入っているという事、ラップが本格化するのは80年代以降らしいので、かなり先進的だったと言えるのでは?

ですが、大橋純子さんはヒップホップのアーティストとしてではなく、この1年後、テレビドラマの主題歌「たそがれマイ・ラブ」でブレイクすることになります。

なんやかんや言ってもテレビの影響は大きかったということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です