George Harrison – Awaiting on You All

All Things Must Pass C面4曲目。

歌詞にThe Lord is awaiting on you all to awaken and see.(君たちが目覚めることを神はずっと待っているんだ。)とあるし、WikipediaにはRock、Gospelとの記述があるので、ジョージ流のゴスペルソング、My Sweet Lordと同類の歌ということかと思います。

曲の構造はイントロ-A-A’-サビの繰り返しという、いたってシンプルなもので、時間も3分足らずと短いです。が、演奏するのは結構ハード。

ドラム、ベース、ピアノ、オルガン、ホーンなどの打ち込み部分はどうとでもなりますが(ホーンというかブラスがずっと入っていて、うるさい曲ですね)。

実際に僕が演奏するのはギターの部分なので、バッキングのコード弾きとスライドですね。

A-A’はまぁ普通。

サビから次の歌の前までは一体化しているのですが、ここ、結構な頻度でコードが変わるのですね。E-E-Ebm-Dbm-B-Ebm-Abm-B△、このパターンが4回半続きます。これが結構しんどい。

スライドは2テイクあるのですが、やはり上記の所でずっとハモっています。My Sweet Lordのような、「ちょっとしかないけど緊張する」のとはまた違って「ずーっと弾いてるので音程をキープし続けるのに疲れる」という事なんですけどね。

ここんところ、かなりたくさんスライド奏法をやる羽目になっていたので、なんとかなりましたが。この曲がアルバムの後半で助かりました。

バッキングのコード弾きはイントロ(次の歌の前部分も同じ)の途中でジャーン、と伸ばして一息つくのですが、スライドギターはそこからが見せ所になっています。単純な3度ハモりではなくて、音が上下する(フレージング)のタイミングが2つのギターで異なっていて、そこがかっこいいポイントになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です