Genesis – …In That Quiet Earth/Afterglow

前回に続き、Genesis。静寂の嵐のラストのメドレーです。

…In That Quiet Earthの方は3年前にアップロードしているのですが、Afterglowはやってませんでした。今回Afterglowのついでに3年前のデータも利用してメドレーにまとめたものです。

録音メモ。

まずは…In That Quiet Earthの方から。

この曲、半分以上やり直しとなりました。

まず、ドラムは全面的に見直し、3年前はかなり簡素にやってしまったので。

打ち込みのバッキングギターはMIDIエコーを掛け、ギラギラ鳴る感じにしています。

ギターはテープ逆回転部分以外すべて弾き直し。例えば小節No.18後半に次小節に続く速いパッセージが弾けていなかったのでここを正しく。

今回ちからが入っているのがNo.101からのギターです。

3年前、単純にコード弾きしてしまっていたのですが、ここは6弦と1、2弦のリズムコンビネーションでエグイ感じを出します。

次、Afterglow。

前の曲とは打って変わって、タネもシカケもありません。クリーンギターをキラキラ弾くだけ。これも打ち込みでもいい感じなのですが、あまりに芸がないので弾いてみました。

ベースはシンセ系、エンディングには通常ベースのアドリブ的なメロディも聴かれます。

コーラスで「ハーアー」とポルタメントしている部分があるので、2トラック使ってピッチベンドを掛けています。

オルガンに加えてフェイザーのかかったキーボードも鳴っています。曲が進行するにつれ、次第に大きくなってます。

まぁこの曲はフィル・コリンズの歌をじっくり堪能するための曲なのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です