キリンジ – Drifter

キリンジ、今期はこれでラストにします。
2001年のシングル、その後アルバム「Fine」に収録されています。

Drifter、ドリフター? 僕の年代なら、いかりや長介さんのコミックバンド。少し年上ならアメリカの黒人R&Bグループ。最近ならアニメのタイトル。

おそらく、漂流者という意味でしょう。最初歌詞が理解できなかったんですが、歌詞解説のサイトで紹介されていて、なんとか分かりました。

恋人が死んでしまって、生きる気力を失いそうになるが、思い出を糧に頑張って生きていこうという決意を歌った曲、という解釈で腑に落ちました。

プロとして音楽をやっている以上ヒットを狙うのは当然だと思うのですが、この曲、頑張ってヒットさせるぞーという制作側の意気込みを非常に感じます。

いや、批判してるわけじゃありません。趣味100%の曲ではなく、きちんと頑張っているのです。10周年ベスト盤の中では一番それを感じた曲です。

ただ、結果的にはオリコン最高43位と、それほどヒットしませんでした。というか、このバンドが出すシングルは、20年近くコンスタントに40位前後を記録しています。なんかすごいと思いますね。ビッグではないけど、逆に浮き沈みも少ない。

ちょっと違うけど、スターダ・ストレビューの根本要さんが、何かのインタビューで「僕らはビッグヒットが無いせいで長くバンドを続けてこれた。固定客のおかげ。」みたいなことを言っていましたが、まさにそういう感じ、根強いファンがいて、「わたしのキリンジ」という意識でずっと支えてきたのでしょう。

では、録音メモ。

CDに曲目解説は無いものの、演奏者名が書いてあるので、楽器構成が分かります。おかげでペダルスチールという楽器が使われていることが分かったのです。YESのスティーブ・ハウ師匠も使っているスライドギター。ハワイアンでよく出て来るヤツ。

書いて無ければ、アナログ風にポルタメントするシンセかと思ってしまうところでした。いや、僕はCubase付属のミニムーグ風ソフトシンセでやってますが・・・

現在のKIRINJIにもペダルスチールの演奏者がいます。ロックバンド的に考えると特殊すぎて全部ハワイアン風になっちゃうんじゃ・・・と思ってしまいますが、結構多彩な弾き方をしていて、メンバーとして演奏者がいるのもアリです。

ドラムはサイドスティックを使った特徴的な音です。

ストリングスは左右に振られていて左に高音、右が低音楽器。サビはオクターブのオブリガードで攻めてます。間奏では松脂が飛び散るようなスリリングな音を出してます。

ギターは生ギターのみ。生ギターのアルペジオを活かしたかったので、打ち込みにしました。ずっと弾いているような気もしますが、ストリングスで迫るサビでは聴こえないので、省略。

キリンジは今回の曲でおしまいにします。久々にワクワクできたバンドで、ベスト盤は30曲あってどれをやってもハズレがないので、全部やってみるのも一興、とも考えましたが、4か月ぐらいかかりそうなので、この辺でお開きです。まぁこれを機会にいろいろ買うことになりそうですけど。

今回もカラオケバージョンをどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です