Genesis – Seven Stones

ジェネシス、Nursery CrymeからB面1曲目。

3月にジェネシスを何曲かやった際にやりかけでアップロードに至らなかった曲です。先日The Musical Boxをやったので、この際初期のジェネシスの締めくくりの気持で仕上げてみました。

これと言って印象的な所がない曲。逆に言えば、一番の通好みと言えなくもない。昨年秋、2015年9月にNHK-FMで放送された「今日は一日プログレ三昧 4」で取り上げられていましたので、きっとそうです(笑)。

なんとなく始まって、なんとなく聴き流しているうちに、なんとなく終わりに近づいているのです。今回コピーして、やっと曲の全貌が呑み込めました。

サウンドの中心はトニー・バンクスのオルガン。これは典型的な音。

ギターは歌の出だしにちょっとした6度ハモリの指使いがあるものの、全体的には仕掛けの少ない素直なコード及び適当アルペジオです。

あれっ、と思ったのがベース。通常ベースの最低音のEより低い音が鳴ってるような・・・。よく聴くと、ベースが複数鳴っているように聴こえる箇所があります。

地味だけど、ペダルベースを併用してますね。

そして終盤のメロトロン。Bメロを調を変えて演奏してます。なんとなく聴き流していても、低音ギターとこのメロトロンは印象に残ります。ドラマチックです。

しかも、曲が終わったその後も、引っ張ります。おそらくオルガンでバックをつけているのですが、半音進行のハーモニーが美しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です