フォーク」カテゴリーアーカイブ

America – Ventura Highway

America 4曲目は、1972年のヒット曲。

Venturaというのは、アメリカのロサンゼルスの北西にある郡です。
僕は1992年の春に2か月ほどロサンゼルス郡サンタモニカに滞在していたことがあるのですが、週末に車でフラフラしていて、何度かVenturaという名前の入った標識を見ました。

記憶が不確かなのですが、改めてVentura Highwayというのを地図で調べると、US-101 Ventura Freewayという国道がVenturaとロサンゼルス北部のグリフィス天文台付近までほぼ東西に走っているのが確認できます。

続きを読む

America – A Horse with No Name

America 3曲目は、当時洋楽を聴いていた人ならだれでも知ってる「名前のない馬」

Americaを知らしめることになったヒット曲で、1曲だけ紹介されるなら間違いなくこの歌なのですが、彼らの曲の中ではかなり異質な感じだと思います。

そもそも、コードが2つしかないということで有名だったり。カラオケとして成立するのか? ということもあり、自分でも絶対やらないだろうと思っていましたが、試しにやってみるとなかなか奥深い曲です。

続きを読む

America – I Need You

America 2曲目は1971年のデビューアルバムのB面1曲目、I Need You

I Need Youで検索すれば、普通はビートルズのほうがヒットしますが、全く別の曲。
I Love Youみたいなフレーズなので、普遍的な言葉です。

AmericaのデビューアルバムのA面は全部生ギターが主体の構成なので、B面に針を落としたとたんに流れるピアノだけのイントロにびっくりしたものです。

と同時に、やはりイギリスのバンドなのだと認識させてくれます。完全にイギリスっぽいです。

続きを読む

America – Sister Golden Hair

アコギがまともに使えるようになったのでAmericaやります。
小手調べは1975年のヒット曲。邦題「金色の髪の少女」

いわゆるフォークの分野、約2年前にCSN&Yを少しやったのみですが、柊しじまを作った重要な要素の一つです。プログレとはずいぶん違いますが、同じ年代のAnother Sideですね。

Americaとはなんと仰々しいグループ名なんでしょう(そういえばASIAなんてのもあったっけ)。と、その当時は思っていたけど、メンバーの父親がイギリスに駐留していた米軍軍人ということですから納得です。

続きを読む

Crosby, Stills, Nash & Young – Carry On

アルバムDejaVuのオープニング曲

CSN&Yのアルバムの1曲目はスティーブン・スティルスの曲。チューニングは「青い目のジュディ」と同様、EEEEBE。ということなのですが、曲調はかなり違います。青い目のジュディがE-A-Bの3コードで出来ている長調の曲なのに対し、こちらはブルーノートを基調にしたもの。
続きを読む