Camel – La Princesse Perdue, The Great Marsh

Snow Goose最終回です。

アルバムの最後を飾るのは、Snow Gooseのテーマ2曲のメドレーをオーケストラ入りで再演したもの。物語全体の締めくくりとなっています。映画で行ったらエンドタイトルロールが流れるところですね。

タイトルを英語にするとThe Lost Princessです。これ、小説の紹介記事だとロストプリンセスって訳してるんですが、Lostって迷子のって意味があるから、迷子のプリンセスってことじゃぁないですかね。

最初に出てくるのはFlight of the Snow Gooseのほう。
ギター&キーボードの細かいリフがオーケストラになってます。メロディはホーンセクションが取っていますが、それよりシンセリードが目立ってますね。例によってポルタメントを生かしたフレーズになっています。

ドラムとベース、もしやと思い、10曲目のデータを当てはめてみました。そこそこマッチするんですが、やはり色々変えています。楽はできないですね。

このパートを終え、メインテーマに移る途中、リズムは3連からバラードに鮮やかに変化します。

The Snow Gooseのメインテーマも引き続きオーケストラをバックに従えます。メロディを取るのはオーボエ&フルート。オクターブユニゾンになったりハモったり、いやーなかなか。

ですが、こちらもバッキングフレーズのギターが目立っています。

Bメロが逸品で、オーボエのよい使い方の見本のような感じですよね。映画のエンドタイトルならおもわずほろりとさせる暖かいシーンが出ていそうです。

最後にやっと新たなギターがメインメロディを弾きます。バッキングギターはそれまでのバッキングのオクターブ上ね。ホーンも加わって最高潮に達し、いったん終わります。

ラストのラストは最初のThe Great Marshの再演。いろいろあったけど、ここの風景は何もなかったかのようにずっと変わらないよ・・・とでも言いたげ。

終曲は、序曲とは違って物語が始まるような希望のあるフレーズは出てきません。物憂げなコーラスに加え、低音のトレモロストリングスが渋く〆ます。

—-
というわけで、8回にわたるmusic inspired by The Snow Goose、ここに完結です。
ご清聴ありがとうございました。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です