PFM – Old Rain

PFMの「幻の映像」に入っている小品です。

思い出したようにまたやるPFMです。

彼らの世界デビューアルバム「Photos of Ghosts」は、それまでにイタリアでリリースされた2枚から6曲を英語化してリメイク(Banchettoはイタリア語のまま)、さらに新曲を1曲追加したものですが、その新曲ってのがこのOld Rainでした。

実は、1年ちょっと前、僕がPFMの中で最初にやろうと選んだ曲がOld Rainでした。A面最後に密かに入っているような曲ですが、非常にリリカルで美しいので惹かれたのです。

でも、やろうとして改めて聴き、なんか無理かも・・・と思い、半ばあきらめていました。

今回、「思い出したようにまた頑張る」シリーズ??で、やってみましたよ。

曲調はジャズテイストで、一発録りなのかな。
PFMの他の曲とは違って、ロックバンドの雰囲気は微塵も感じられません。なんだろ、この雰囲気。CTIレーベルのジャズみたいです。何だかんだ言って、力量と表現力のある人たちなのだなぁと思います。

DTMの打ち込みって、基本、まっすぐのリズムに沿って拍子通りの演奏になりがちなので、特にソロ楽器の情感の表現は努めて意識しないといけません。この曲ではバイオリンとフルートです。バイオリンはトリルを絡めたフレーズが難しかったですね。

フルートの方は、バイオリン以上に奔放です。テンポのうねりとタメがあり、フルート特有の、息んで倍音を出す奏法が絶品なのです。

ソロだけじゃなくて、ドラム、ベース、ギター、ピアノもそれぞれが自由に会話しているように演奏してます。こういうの、どうやればできるんでしょうねぇ。普段から数多くセッションしているのか、はたまた、個人練習に相当な時間を掛けるのか・・・

ふむ。
本物のCTIもなんか演ってみたいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です