The Beatles – Birthday

本日はポール・マッカートニー73歳の誕生日。そして僕も??歳の誕生日。

ホワイトアルバムのアップロードを始めた段階で狙っていた訳ではなかったのですが、アップロードのスケジュールを作っていたら、あれっ、なんかうまいこといくんじゃね? っと気が付いて、6/4も次の更新を2日後の6日にして微調整しちゃいました。

You say it’s your birthday
it’s my birthday too-yeah!

おめでとう、ありがとう。

というわけで、レコーディングメモ。

曲自体は普通のロックンロールです。
ギターは2つ入ってますね。単純なオクターブユニゾンかと思っていたら違いました。リフの後半、低いほうのギターはちょっと違うフレーズになってます。

ベースはギターがお休みしている偶数小節目にも繰り返し弾いてます。

ギターのソロは途中ほんの少し、4小節あるだけですが、2小節目の所でC音を微妙にチョーキングしています。ブルーノートなので、まぁ普通と言えば普通なんですが、なんやかんや言ってもビートルズはこういう音が染みついているんだなぁと妙に納得してしまいます。

チョーキングって左手は人差し指と中指と薬指の3本で弦をぐいっと押さえて引っ張り上げますが、この音の場合は、人差し指のみを使ってチョーキングしますな。この人差し指の加減で、その人のブルースの体へのしみこみ具合が分かるのであります。

ロックンロールなので、典型的なピアノが入っているのですが、この曲にはその他に、何やら得体のしれない音が入っています。

風が吹いているようなヒューヒューする音、これ、長らく謎だったのですが、今回頑張って再現してみました。

最初、ハモンドオルガンのドローバーの組み合わせと和音の組み立て方であんな音になるのかなぁと思っていました。ピアノがソソーラーソミド(Key=A)って弾いているのですが、ヒューヒュー音はそうは弾いていません。というか、何かフレーズ弾いているようには聴こえない。

ヒントは、エンディング後に残る音です。何やらスイッチで切り替えているような音を感じます。エレキギターのピックアップのフロント・リアを切り替えるような音。でも3段階に切り替えてますね。

むむ。これはイコライザではないか?

そうです。おそらく、グラフィック・イコライザの設定を切り替えてますね。
エレピは単に和音を弾いているだけですが、イコライザでフレーズを弾いているかのように強調する周波数を切り替えています。

元音はエレピですが、倍音を多く含ませるためにレスリーを通し、また、若干歪ませます。これに30帯域のグラフィックイコライザをかませます。

この曲のキーはA。A音といえば、440Hzですが、イコライザで400Hz、オクターブ上の800Hz。そしてその間の630Hzの帯域ノブがあるので、ここをリズムに合わせて急激に変化させます。

その様子が分かるように、ビデオ画面にグラフィックイコライザの画面と、そのコントロールトラックを表示させてみました。

ピアノのフレージングも補助になっていて、あのヒューヒュー震えるようなサウンドが再現できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です