The Beatles – Glass Onion

ホワイトアルバム3曲目

大昔、ディミニッシュというコードを覚えた記念すべき(笑)曲です。

内容はよくわからなかったけど、ビートルズの色んな曲の歌詞が出てくるので、そういうことを歌っていたんだろうなぁと想像していた曲です。Fool on the Hillのくだりではリコーダーの音まで入ってますしね。

では今回の録音メモです。

特徴的なのはなんといってもストリングカルテットです。弦をスライドさせてハモリながらピッチが変わるのがキモいのです(気持ち悪くて気持ちいいのですよ)。

コピーしてみてわかりましたが、パートによって、上がる音と下がる音があるんですね。なので、1トラックで済まさずに、4トラック使って各音にピッチベンドつけています。上がるスライド音と下がるスライド音の交差であのキモい感じがでるのです。

これが決まると、この曲の骨格ができます。

次は、刺すように鋭いギターです。1-3弦のみを使い、思いっきりよく弾いて音をきちんと切ります。looking through the glass onionのonionのところ、ギターだけ前のめりに弾いて、他の楽器と合ってないのですが、なぜか不自然には聴こえない。

ベースは軽いけど輪郭がはっきりした固めの音、
それと、タンバリンも忘れずに入れます。

ディミニッシュというコードはすべて短三度で4音重ねたコードですが、半音ずつずらすと、4つ目は同じ構成音になります。
おぉ、ディミニッシュって3種類しかないんだ! と、ビートルズのコード本を見ながら発見をしたのですな。

ちなみに、長三度で3音重ねたのがオーギュメント、これも同じ理屈で4種類しかないのですわ。

コードの理屈を思わぬところで勉強したのでした。
懐かしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です