放課後ティータイム – カレーのちライス

懲りもせず、まだまだ続くけいおん!第四弾。第一期の曲、カレーのちライスです。

けいおん!の中でもとびきりロック一直線な曲です。オルガンのリフがなんとも素人っぽいのですが、そこはあえてそうしてるんでしょう。基本的にはかなりの手練れがツボを押さえた弾き方してます。

この曲はやはりドライヴ感が命なので、その辺を狙って音作りしてみました。

ベース、ちょいとひずませます。それと、ハンマリング的にラリラリラリって弾くので、そこはノートエクスプレッションでピッチを上下させてみました。

ギターは割とシンプルですが、サビでワウを効かせたオクターブカッティングの音が決め手になっているのでそこだけ凝ってます。ギターソロの最後のところは、音程が分からないくらいにかき回してドライヴ感を狙ってます。

サビで重要なのがコーラスで、これが結構曲の決め手になっていたりします。やはり歪がかかってる系なんですが、そのくらいでないと、他の音に負けてしまいます。

さて、オルガンですが、ちゃんとロータリースピーカー効果を出したかったので、前にELPのホウダウンで使ったAmplitubeのレスリースピーカーをオルガンにかけます。

エンディングがオルガンの見せ場ですね。まぁ手癖満開で弾いてるんですが(それを完全打ち込みでやるのもなんですが・・)、お約束の音で安心感というか、ちゃんとロックしてますよーって言いたそう。

さて、スタッフは何でこの曲作ったのかな? HTTの中では異例のストレートなロックなのですが、定番というか、ロックはとーーってもうるさいんだぞーという曲が必要だったんじゃないでしょうかね。

第一期の曲なのですが、アニメ第一期では第8話の新歓ライブで最後の部分がちらっと流れるだけです。梓が会場に入ってくるところね。
第二期では、17話で、部室が使えなくて教室とか体育館で大音量で演奏してひんしゅくを買うという設定でしたね。
あ、映画でもロンドンの寿司屋でターバン巻いた客を見て思いついたのか、歌ってますね。

なんだ、結構使われてるじゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です