Queen – Misfire

今期Queen 3回目。1曲飛ばしてB面4曲目。

アルバム3枚目にして初のジョン・ディーコン作だそうです。

Misfireは着火失敗という意味。

簡単なコードのみで構成された短い曲ですが、転調しまくり。
また、ギターの多重録音の極致です。

今でこそ、宅録でこういうのが簡単に作れてしまいますが、ギター10テイクほど重ねるなど、素人はピンポンじゃないとできなかったので昔はこういうの高嶺の花だったよね。

さて、そのギターは完全に左右に3テイク(あるいは4テイク)ずつ重ねてあり、間奏で真ん中の短いソロ。バッキングはアコギになってます。

ギターのハモリは全部同じパターンではなく、ブライアン・メイの工夫したバリエーションが見られます。特に終盤、右へ左へ忙しいです。

これ、やってみて分かったんですが、左右それぞれが細かく音量の上下をしているんです。それがないと、フレージングだけで左右に行きつ戻りつする感じが出ないんですよ。

今回の宅録、特に難しい所はないんだけど、とにかく手間だけはかかります。

このアルバムSheer Heart Attackは、2枚目のようなトータルの物語性はないんだけど、佳作が多いですよね。エコーを上手く使ったアンサンブルとか実験的な要素もあるし、これらが自作のボヘミアン・ラプソディーにつながっているのだなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です