Stevie Wonder – Easy Goin’ Evening(My Mama’s Call)

Songs In the Key of Life 最終曲。

ラストは得意のハーモニカのソロ、というか一人合奏。

この曲はとっても興味深い。アルバム最後にひっそり入っているインストですが、スティービーらしさ満開な曲です。

スタイルはブラシを使ったジャズ風のドラムを使ったゆったりとした曲、なんですが、ん~、ただものではないなこれ。

ベースだけを聴くと、まぁ普通なんですが、これに乗っかるメロディとハーモニーが普通じゃない。各フレーズ、出だしは半音で上下するんですが、その後の音程は全音が続きます。ホールトーンスケールですね。

ベースの動きとしてはC-F-Bb-Eb-Ab-Dbとずっと4度進行を続けていますが、ここにホールトーンのメロディをのっけて、さらに第2第3のハーモニカは出だし以外メロディーと並行した音程(すなわちこれまたホールトーン)で進みます。

エレピはベースに合わせてコードを弾いている訳ではなく、メロディへのハモリを弾いています。これが独特の雰囲気をだしているんですね。

Bメロはうって変わって哀愁を帯びてメロディアス、ここは後ノリでベースもアクセントをつけます。続くCメロが2小節毎にスケールが変わっていってるんですが、この辺りは分析不能。ですが、Aメロへの戻りが実にスムーズ。

後半はAメロをオクターブ上で演奏しますが、ややコブシが回ってます。そしてあっという間に終了。


というわけで、3曲ほど端折りましたが、21曲中18曲を2か月かけてやってまいりました。やはりというか、相当手間取りましたが、得るものは大きいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です