松原みき – ニートな午後3時

コラボチャンネル「ジャムスペース」用にコピーした曲です。

松原みきさんは真夜中のドア~Stay With Meのヒットで知られていますが、今回の曲は1981年、資生堂 春のキャンペーンソングだそうです。

今でこそニートというと、NEET(Not in Education, Employment or Training)、要するに親のすねかじりの意味で通っていますが、この用語が一般的に知られたのは2000年頃なので、当然、この曲のタイトルとは関係ありませんし、そもそもNEETの意味で資生堂が使う訳ありませんね。

歌詞を見るとNeatなんです。これは、[形容動詞]ごてごてした飾りがなく、すっきりしているさま。例「ニートなファッション」だそうです。全然違いますね(笑)

さて、サウンドですが、ベースはスラップ(当時はチョッパー)、ギターはブリッジミュートしてスタイリッシュに短く切る奏法。

オクターブなストリングス、力強いブラス、間奏で爆発するサックス。

とっても’80年代なサウンドなんです・・・が、

曲そのものは全くストレート、使っているコードもテンションの味付け全くなしのストレート。要するに歌謡曲。

この当時の日本のサウンドはこんなだったんだなぁ、と、懐かしくなるアレンジです。

ということで、今回もキュートなyukaさんとチョッパービンビンなy-bassさんとのコラボバージョンをお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です