Angela Bofill – On And On

コラボチャンネル「ジャムスペース」用にコピーした曲です。

Angela Bofillって全く知らなくて、ウィキペディアも日本語のページは無いのですが、1954年ニューヨーク、ブルックリン出身のヒスパニック系 R&Bシンガーソングライターという事らしい。

デビューアルバムAngieが1978年、デイブ・グルーシンのプロデュース。
最大のヒット曲はR&Bチャートでの Too Tough ですが、一般にはデビュー時の This Time I’ll Be Sweeterという曲で知られているということ。

今回の曲は1981年、3枚目のアルバムSomething About Youからの1曲で、プロデューサーはナラダ・マイケル・ウォルデン(フュージョン系ドラマー出身)。参加ミュージシャンとか見ると、Tower of Power – horns と、なっていたりします。なるほどね。

まぁなかなかマニアックです。

サウンドはこの時代らしいオサレなエレピが主体で、そこにストリングスとホーンが絡んでくる作りになっています。イントロは後で出て来るブラスのキメが3連発半音上がりで続くというもの。

リズムのテンポもあ、なんかディスコで流れていそうとか感じてしまいますし、キメのコードにベースが2度高い所謂一つのフュージョンのコードが使われていたりします。

ということで、yukaさんのボーカル、y-bassさんのベース入りコラボをぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です