松任谷由実 – 夕闇をひとり

1981年のアルバム、「昨晩お会いしましょう」より。シングルでも発売。

同じアルバムに収録されている「守ってあげたい」のほうが角川映画とのタイアップもあって有名ですが、こちらも結構カバーされているんですね。知らなかった。

イントロの後半、男女のユニゾンコーラスが入ります。曲全体のカラーがマイナーナインスとなっていることから、これは「あの日に帰りたい」よ再びという狙いなのかな?? とか思ってしまいますね。曲全体を通じてこのバックコーラスは活躍してます。

ギター1本弾き語りとかでやるなら、さらっと行ってしまいそうな曲ですが、やはりアレンジが凝ってます。

ベースとピアノ低音部のユニゾンで曲の芯を作り、そこに乗るコードは小節4拍目で「ちゃらーん」と細かく進行します。和音の主体はエレピですが、ハープシコードかギターかはよくわからない音色で補強されています。

Bメロでギターが合いの手のリフを入れていますが、オクターブで重ねているか、12弦を使っているか、そういう音です。

サビはピアノとギターのコード弾きも加わってる? トランペットの響きも特徴ですが、全体が一丸となって切れの良いリズムを作ってます。

1番はA/Bメロが繰り返されますが、繰り返しの最初だけシンセで色付け的な和音が弾かれています。ここだけ。

ソロは間奏がアナログ系モノシンセ、エンディングはサックス。エンディングはちょっと安易な感じもしますが、まぁここだけはちょっと古いかな。

そのサックスソロのバッキング、目立たないけどギターのリフも入ってますね。こういうの割と好きなパターンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です