キリンジ – 朝焼けは雨のきざし

キリンジ4曲目

今回は2008年の「7」から。

アルバム発売1年前からネット限定配信シングルというやつを8曲順次発表していて、それを全部アルバムに入れてしまったというものです。曲名を見ると(アルバムバージョン)と記載している曲が何曲かあるので、アレンジを変えているんでしょうね。僕が聴いているのはベスト盤なので、どっちのバージョンかは知りません。

Golden harvestもそうでしたが、ギターが入っていません。そうなのか、ギターは無くてもよいのだな。

ベースの音色が特徴的です。最初シンセベースかと思いましたが、ちゃんと聴くとエレキベースです。沖山優司さんという人。きれいな音です。ドラムは現KIRINJIメンバーの楠さんですね。

曲の構成が単純そうに見えて複雑。
イントロ-オープニング-A-A’-B-サビ1-サビ2
-短い間奏-A’-B-サビ1-サビ2
オープニングを発展させた間奏-Bの後半-サビ1-サビ2(最後ひとひねりあり)
-(ここからエンディングのインスト)サビ1ではなくサビ2-サビ2
-イントロ再演したラスト

歌最後のサビ2からエンディングへのつなげ方が絶妙。

さて、サウンド面で目を惹くのがキラキラしてる電子音。FMピアノ系の音色で入れてみましたが、他にアヒルの鳴き声みたいなシンセも入ってるような・・・
オープニングを聴くと、1拍分のエコーがかかっていて16分音符が反復するように聴こえますが、歌の直前の音は16分音符ぶんのエコーがかかっているように聴こえます。これ、2種類のエコーかけて、オンオフさせればできそう。

それだけじゃありません。オープニングのアンサンブルのキラキラと光にあふれるような部分はハープが活躍してます。ここだけパンで左右にぐるぐる振ってキラキラ感を増強させています。その後、ハープは要所要所でさりげなく登場し、キラキラを振りまいてます。

FMピアノもハープ的に使われていたり、サビの冒頭でハープには弾きづらい32分音符をエコー付きで鳴らしています。このアレンジはキリンジ自身のようなのです。すごいなぁ、なにかお手本があったのかしらん?などと考えてしまう。

例によって、カラオケバージョンあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です