キリンジ – Golden harvest

キリンジ3曲目

2006年発表の6枚目のアルバム「DODECAGON」のオープニング曲です。

僕のブログでは2000年以降の曲は超が付くほど珍しいのですが、これでも10年以上も前なのですな。

それまでのアルバムは冨田恵一さんプロデュースだったのですが、彼の元を離れてセルフプロデュースした最初のアルバム、ということです。

キリンジ、色々調べていくと、「3」と「DODECAGON」が転機となっているような記述が多いですね。それは何かというと、聴けば一目瞭然。

サウンドが一変しています。エレクトリックの海です、すごいですね~。アルバムジャケットもそんな雰囲気。しかしこの人たち、2人の顔のどアップが多いな。

今回、この曲を選んだのは、とにかく予想がつかないメロディの連続で、ジェットコースターのごとく、怒涛の攻めまくる展開だから・・・かな。

ドラムとピアノは生ですが、シンセベース、エレピ(FM音源系かな?)、ブラス系のシンセ音色2系統、リード系のシンセ、ギターは聴こえない。

改めて書きますが、僕がこの人たちを気に入ってしまったのは、1にも2にも音楽に(歌詞も含めて)真正面から取り組んでいる所です。これは編成替えをした2017年現在のKIRINJIも同じです。

ハッタリやカリスマやルックスのアピールは無し。今どき珍しいです。そのためか、メディアに露出する頻度はさほど高くなく、ビッグヒットもない訳ですが、他のアーティストからもカバーされ、楽曲提供も多いなど、ミュージシャンズミュージシャンで貴重な存在ですね。顔のどアップのジャケットはその自信の表れかな。

カラオケバージョンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です