PFM – Celebration

300本のお祝いにやってみました。

P.F.M.は日本では多分この曲が一番有名なんだと思うんです。Photos of Ghostsの中では一番陽気で我々が考えるところのイタリアっぽい雰囲気の曲。

最初にPFMをとりあげる時に選ばなかったのは、なんかミーハーな感じがしたから。やればすぐできちゃいますよ・・みたいに漠然と感じていたのかも。

で、やってみたら結構難しかった。ギターが。
ブリティッシュ・ロックの場合、ロックという限りは多かれ少なかれブルースの要素がありますが、この曲からは微塵も感じられません。

多分1回もチョーキングしてないと思います。

その代わり、半音進行で歯切れよくクリアに弾く。
この辺りが、僕が(イギリス以外の)ヨーロピアン・ロックにのめり込めなかった原因かもしれません。

どうしても冒頭の能天気な部分が印象に残っちゃいますが、中間部は静かで結構ドラマチックですし、後半のピアノだけになる部分からエンディング前までは、とても優雅で美しい。やっぱりただものではないんだな。

エンディングでは、総動員でやかましい音を出してます。ここのギター、騒々しいですが、弾いていて気持ち良い。

最後の最後、なんと変ちくりんなメロディ弾いてるんでしょう? デタラメのようにも聴こえますが、ピアノとギターがちゃんとアンサンブルしているのでデタラメではないのでしょう。

今回改めてPhotos of Ghosts聴いたら、みんないい曲なんですよね。もう少しやってみますか。

3 thoughts on “PFM – Celebration

  1. rosi南部

    昨日はどうも。早速訪問しました。また、どえらいもん作ってますね(笑)これから時間をかけて楽しませてもうらいます。

    返信
    1. 柊しじま 投稿作成者

      ブログを紹介してくれたんですね、アリガトです。励みになります、頑張ります。

      返信
      1. 柊しじま 投稿作成者

        というわけで、ちょっとご紹介。
        このコメントは、久々に会った従兄弟からのものです。
        「犬だって音楽が好き。(猫も好きだけど)」
        http://gamelan.blog.so-net.ne.jp/
        っていうブログをやっているのです。閲覧したことある人、結構多いんじゃないかな?

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です