月別アーカイブ: 2015年5月

Focus – Focus III

Focus IIIからもう1曲。表題曲です。

やっぱりFocusでFocusと名がついている曲はやらないといけないかな、ということで。

2枚組アルバムのB面で、Focus III自体は6分ほどの曲ですが、その後の「Answer? Questions! – Questions? Answer!」とつながっており、アナログレコードではまとめて1曲扱いになっていますが、後の方はかなりラフな演奏なんで省略。

続きを読む

Herbie Hancock – Hang Up Your Hang Ups

ハービー・ハンコック、1975年。ファンク時代のノリにノッている作品。Hang Up Your Hang Upsです。

処女航海などのジャズ・ピアノを中心とした活動後、6重奏団という混迷の時期(僕は好きなんですが)を経て1973年にヘッド・ハンターズという全く新しいサウンドを発表。これがクロスオーバーの原点になるわけですが、同様のメンバーでのアルバムThrustに続き第3弾となるのがMan-Child。

続きを読む

サディスティック・ミカ・バンド – 黒船

日本のバンドです。1974年、サディスティック・ミカ・バンド「黒船」。

このサイト、専ら1970年代の洋楽を取り上げていますが、日本の曲が嫌いというわけではありません。好きだ嫌いだいう以前に、70年代には日本のバンドの供給が足りなかったのです。

続きを読む

The Crusaders – Rodeo Drive

1979年のクルセイダーズのアルバム「Street Life」からRodeo Driveです。

ストリート・ライフというアルバムは、ファンク色の強かったクルセイダーズがオシャレなフュージョンバンドになるきっかけとなったアルバムで、表題曲でランディ・クロフォードのソウルフルなボーカルがフィーチャーされていたのも驚きでした。

Rodeo Driveというのは、ビバリー・ヒルズにある高級店が並ぶ通りの名前です。
続きを読む